JR磐越東線の時刻表

2015年度:359人• (昭和43年):貨物列車と一部の旅客列車に用いられていた蒸気機関車がディーゼル機関車に置き換えられを達成。

15
それ以外の駅は完全な無人駅のため集計対象から外されている。 この情報に基づくお客様の判断によって発生した損害に対する責任は一切負いかねますので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

運行情報サイト更新状況

:船引駅 - 郡山駅間(仙台近郊区間)• 編著『東北ライン - 全線・全駅・全配線』2 常磐エリア、、2014年。 にが沿線に並行するように開通し、が営業を始めたこともあり、長距離客の多くは高速バスにシフトした。

1
:江田仮乗降場を新設。

JR北海道

根室線 東鹿越駅~新得駅間 バス代行輸送については をご覧ください。 ご利用の端末の設定によっては日本語以外の自動翻訳された文章が表示されます。

15
- 東日本旅客鉄道• 全列車が普通列車で、2 - 4両編成で運行されており、2両編成の一部列車でが行われている。

運行情報サイト更新状況

車両故障や電気設備の故障といった部内原因は6%しかない。 2011年度:368人• 2016年度:331人• (大正6年):小川郷駅 - 小野新町駅間 29. 2016年度:2,477人• 管轄(事業種別):東日本旅客鉄道()• 6k m を延伸開業。

3
を廃止して 、に移行する。

JR北海道

1917年の全通と同時に 磐越東線と改称した。 車両基地としては存続• 参考文献 [ ] 経路図における参考文献• 郡山側に輸送需要が大きく偏っており、小野新町駅を境にいわき側と郡山側で極端に輸送密度に差がある。

PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道仙台支社, 2020年2月18日 , の2020年2月18日時点におけるアーカイブ。

磐越東線 運行状況に関する今日・現在・リアルタイム最新情報|ナウティス

(大正11年):江田信号所を信号場に改める。 。

14
あくまでも 目安としてご利用ください。 (平成17年):磐越東線営業所廃止、乗務員はへ統合。

JR北海道

2014年度:2,546人• (大正3年): 平郡西線として郡山駅 - 三春駅間 11. 一般形客車• (平成12年):大越駅 - 郡山駅間で運転の貨物列車(大越駅からの輸送)が廃止され当線から貨物列車が消滅。

8
国鉄分割民営化に伴い東日本旅客鉄道(第1種)・日本貨物鉄道(第2種・大越駅 - 郡山駅間 31. 昭和時代の最盛期には急行(のちに快速格下げ)・普通あわせて10往復近い全線通し列車が設定されたが、(昭和60年)のダイヤ改正により全線通し列車は6往復に減便され、現在では沿線地域の通学、通勤など生活需要を中心に担うとなっている。 (平成21年):郡山駅 - 船引駅間でICカード「Suica」サービスが開始。

JR北海道

(昭和63年)4月1日:平駅 - 小川郷駅間を水戸支社から東北地域本社(当時)に移管。 赤井・小川郷の各駅を新設。

19
小野新町駅 - 郡山駅間の区間列車は概ね1時間に1本程度の運行があるが、一部時間帯では100分前後の運行間隔となる時間帯がある。 本サービスの情報は随時更新しておりますが、実際の列車運転状況と異なる場合があります。

磐越東線

監修『 - 全線・全駅・全廃線』2 東北、、2006年。 JR北海道管内において、在来線列車におおむね30分以上の遅れが発生または見込まれる場合の運行情報、および運休情報(長期間の運休が決まっている列車を除く)をお知らせします。 「概況(在来線)」欄は在来線すべてのエリアで共通の情報をお知らせしています。

12
(昭和57年):急行「いわき」を廃止。 路線距離():85. 江田仮乗降場を駅に改める。