鶏口となるも牛後となるなかれ

普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。 蘇秦鄙諺を以て諸侯に説きて曰はく、「寧ろ鶏口と為るとも、牛後と為ること無かれ。

20
女性の場合の宮刑は生涯にわたり宮中に幽閉された 2年後に大赦(古代の恩赦制度)によって 出獄したあと、 全精魂をつぎ込み父の志をついだ 『史記』130巻( 計52万6千5百字)を完成させた。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味とは?由来と類語も解説

」蘇秦約従時、激儀使入秦。 粛侯乃ち之に資して、以て諸侯を約せしむ。 」と、説いている言葉です。

私に洛陽の城壁近くに肥沃な田地が二頃あれば、どうして六国の相印を身につけることができただろうか。 ……このような意味の比喩ではなかったかと思います。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味とは?由来と類語も解説

燕は蘇秦に説得しに行く資金を与え、趙に行かせました。

17
「相たり」で「宰相になる」と解する。

四字熟語「鶏口牛後(けいこうぎゅうご)」の意味と使い方:例文付き

蘇秦が笑って言うには、「どうして以前は威張っていたのに、今はうやうやしいのか。

18
上述しましたが「鶏口」は「鶏のくちばし」のことで、くちばしは頭よりも前についていますよね。 中国の戦国時代には、7つの国が覇権 はけん を争っていました。

「鶏口牛後」とは?意味や使い方をご紹介

【注釈】 「鶏口」=鶏の口の意味から転じて、小さな団体の長のたとえ。 卒(そつ) - 兵卒(へいそつ)。 その計略によって 斉と魏は趙を攻撃した。

2
力を并せて西に向かはば、秦必ず破れん。 蘇秦・張儀の師であるため、縦横家の祖とされる。

四字熟語「鶏口牛後(けいこうぎゅうご)」の意味と使い方:例文付き

儀曰はく、「吾が舌を視よ、尚ほ在りや否や」と。 「鶏口牛後」を構成する熟語の意味• 蘇秦は その様子を見て 恐れて趙を去ったため、南北の六国同盟は消滅してしまった。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の由来と原文 由来は『史記』、原文は「寧為鶏口、無為牛後」 「鶏口となるも牛後となるなかれ」は「寧為鶏口、無為牛後」が原文で、「寧(むし)ろ鶏口と為るとも、牛後と為ること無かれ。

「鶏口牛後」の意味と読み方は?由来の漢文・現代訳と後半も紹介

鶏口牛後は、四字熟語の他にも「大鳥の尾より小鳥の頭」「鯛の尾より鰯の頭」「芋頭でも頭は頭」など、色々な動物や物で代用される言葉です。

3
「臣下の兵力を合わせれば、それは秦の兵力の10倍になります。