iPhone・iPadの画面収録(画面録画)で音飛び・音ズレを防ぐ方法

・必要のないアプリが起動している場合は、アプリを停止させておきましょう。 それほど負荷が大きいものなので、iPhoneの画面録画中は、アプリを起動中にせずアプリを閉じるなりして、iPhoneに余裕を持たせてください。 その後、保存ボタンをクリックして、出力先を選択すれば出来上がりです。

6
再生する時、音ズレを修正することが可能です。 音ズレとは、動画を視聴している時、何かの原因で映像に対して音声や効果音などが遅れて、または速く聞こえる現象です。

iPhoneで画面録画をする方法!録画ができない原因や音ズレの対処法は?

といった感じになっています。 特にストリーミング動画を再生する時には音ズレが発生することも多いです。

録画の音声を消す場合 iPhone内の音声を録音したくない場合、 マナーモードにしましょう。 そこをクリックして、ゲームをするデバイスを選んでください。

動画の音ズレを修正する無料アプリ・ソフトおすすめ

VideoProcには、「ビデオ&オーディオ」「効果」「字幕」「」「トリミング」「クロップ」「透かし」「フォーマット変換」「名称&タグ」「手ブレ補正」「レンズ補正」「ノイズ除去」「結合」「回転」「GIF作成」といった基本的な編集が備わっています。 もちろん、友だちに送信したり、iMovieでさらに編集して楽しめますよ。

映像キャプチャデバイス・デストップ音声だと遅延がやや増した。

iPhoneで画面録画した動画をPCで再生する時、音ズレ発生する原因と対処法

srt)を動画に追加する。

起動中のアプリオフにすることでその分の余裕が生まれますので、iPhoneの画面録画の音ズレが解消されることに繋がりますので、ほったらしにしているとバックグラウンドで アプリが大量に開かれたままになっていることもあります。 まずはコーデックチェッカーで音ズレする動画を調べる 音ズレした時にまずチェックしたいのが、 動画の情報を調べることです。

iPhone・iPadの画面収録(画面録画)で音飛び・音ズレを防ぐ方法

一部のカメラアプリはバグなどが原因で正常に動作しないことがあります。

13
アプリからの通知をオフにします。 YouTubeには ライブというものがあります。

【OBS】キャプチャーボードの使い方と音ズレ対策【Basicolor321】

iMovieを起動して、「プロジェクトを作成」をタップして音ズレ問題のある動画を導入します。 動画と音声を同調させる方法について、以下の内容をご覧下さい。

8
・ 音声エンコーダによる遅延についてと、x264guiExのディレイカット機能について ・ 色んなエンコーダでの遅延の有無や音声の変動時間の検証など. Avidemuxを利用すれば、手動で音ずれの修正を行えます。 字幕ファイルがない場合は、opensubtitles. ソフトを起動して「File(ファイル)」>「Open(開く)」を押して動画を書き込みます。

Aviutl 音 ズレの原因と直す方法まとめ!一発エンコード・読み込み音ズレを解消!

・音が必要ない場合はオフにしておくのも一つの手です。

20
CD音源オンリーとかハイレゾ音源を扱うのでなければ、エンコード側の設定で48kHzを選択すれば確実。 iPhoneの画面録画の音ズレを防ぐためには、メモリをクリアに置いた方がいいです。

音ズレを解消する方法

「設定」画面から「サイレントモード」を有効にする方法が簡単です。 該ソフトはWindowsオペレーティングシステムを搭載しているパソコンにしか対応できないことにご留意ください。 「ApowerEdit」と「動画変換マスター」は有料ですが、無料でも全機能を使用できます。

マルチトラックで録音する場合はそのへんもいじる。 起動しているアプリ一覧の画面が表示されるので、左右にスワイプして終了させるアプリ画面を選択し、画面中央から上へ向かってスワイプする するとアプリが完全に終了します。