貨物船内、海水にじむ損傷 潜水艦衝突、塗料分析へ

こうした事故はあってはならない」と話していました。

衝突事故で艦橋の右舷側の「潜舵」などが損傷した海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」=2月9日、高知港沖。 海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」と香港船籍の貨物船「オーシャン・アルテミス」が高知県足摺岬沖で衝突した事故で、貨物船には船内まで海水がにじむ損傷があったことが11日、第5管区海上保安本部(神戸)への取材で分かった。

貨物船内、海水にじむ損傷 潜水艦衝突、塗料分析へ|静岡新聞アットエス

藤田撮影 では今回、なぜまた「露頂」時の事故が起きたのでしょう。 一方、運輸安全委員会も同日、原因究明のため、高知港沖に停泊するそうりゅうの現地調査を開始。

亀裂は長さ約20センチで、船内に海水がにじむ程度の深さだった。 しかも、かつて「あさしお」が衝突したタンカーの全長は106mで、「そうりゅう」が衝突した貨物船の半分以下。

海自潜水艦と民間商船が衝突 潜水艦の隊員3人けが 高知県沖

艦橋右側面にある「潜舵(せんだ)」と呼ばれるかじが折れ曲がった状況を目視で確認したほか、一部乗員への聴取を実施した。 船底の損傷状況などを確認し、乗組員からも話を聴いた。 事故当時の様子などを確認し、業務上過失往来危険の疑いもあるとみて調べる。

12
亀裂の部分を船の内側から調べると、海水がにじむのが確認できた。

貨物船内、海水にじむ損傷 潜水艦衝突、塗料分析へ

こうした防衛省の対策をふまえ、海難審判所は裁決で「勧告」という強い措置には踏み込みませんでした。 2018年3月、完成した潜水艦「せいりゅう」が海上自衛隊に引き渡され、出港を前に整列した乗組員たち。 携帯電話しか使えず、電波が入るところまで移動し、1報を入れた」と説明しました。

19
そこから「露頂」までの間に船が迫ってくるかもしれないからです。 海自制服組トップの山村浩・海上幕僚長は2月9日の記者会見で「宮崎沖の事故以降、『露頂』の手順は基本の厳守、厳正な規律、これでもかというぐらいの対策を講じて今日に至っていた」と説明しました。

貨物船内、海水にじむ損傷

その後そうりゅうに乗り込んで乗組員から話を聴いた。

8
乗組員は中国人21人で、けが人はいなかった。

貨物船内、海水にじむ損傷 潜水艦衝突、塗料分析へ:イザ!

藤田撮影 ただ、海中での音の伝わり方は水温や塩分濃度、流れの向きや速さなどによります。 艦橋右側面にある「潜舵(せんだ)」と呼ばれるかじが折れ曲がった状況を目視で確認したほか、一部乗員への聴取を実施した。 「小さい船の音でもよく聞こえたり、大きい船の音でも聞こえなかったりする。

11
朝日新聞社 防衛省も当時の独自調査で同様に判断し、再発防止へ「露頂時の誤認,誤判断を防止する体制の確立」を打ち出しました。

貨物船内、海水にじむ損傷 潜水艦衝突、塗料分析へ|静岡新聞アットエス

海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」と香港船籍の貨物船「オーシャン・アルテミス」が高知県足摺岬沖で衝突した事故で、貨物船には船内まで海水がにじむ損傷があったことが11日、第5管区海上保安本部(神戸)への取材で分かった。

19
全長が「あさしお」事故の倍以上ある船を避けられなかったのは、むしろ安全対策の緩みの表れではないのでしょうか。 海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」と民間商船が高知県沖で衝突した事故で、第5管区海上保安本部(神戸市)は10日、香港船籍の貨物船「オーシャンアルテミス」(5万1208トン)の水面下の船首付近に、亀裂や多数の擦過痕が確認されたと発表した。