【初の都市伝説系】エコノミスト2021表紙(The Economist 2021)を考察してみました。

画像は「 」より 今年もイギリスの政治経済誌『 エコノミスト( The Economist)』が、翌年の世界情勢について論じた『 世界はこうなる』シリーズの2021年版を刊行した。

12
赤よりのオレンジ色で太陽っぽい絵が描かれていると思いますが、これはで日本を表しており、右上にコインを入れる部分があり、これは 日本は・多様性の推進によって多額のお金を出すことになる、もしくはカと中国に振り回されてしまうのではないのではないかと予測しています。 もしくは新たなの発生によってリモートが主流になるのではないかと予測しています。

【初の都市伝説系】エコノミスト2021表紙(The Economist 2021)を考察してみました。

地球温暖化の影響で氷が溶ける危険性がある• キーワードは米中戦争です。 画像は「 」より ・Trump(米ドナルド・トランプ大統領) ・Brexit(ブレグジット) ・AI(人工知能) ・Tokyo(2020東京オリンピック) ・Mars(NASA火星探査機「マーズ2020」) ・Climate(気候変動) ・Xi (習近平) ・Recession(2020年アメリカの景気後退予想) ・Modi (印ナレンドラ・モディ首相) ・Expo 2020年ドバイ国際博覧会 ・SDGs 持続可能な開発目標 ・Bond 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』2020年公開 ・Beethoven(ベートーヴェン生誕250周年) ・Visions(失明予防キャンペーン「VISION 2020」) ・Biodiversity(2020年「国連生物多様性会議」) ・Rat ねずみ年 ・NPT 2020年核兵器不拡散条約 ・Warren 2020年大統領選挙候補者エリザベス・ウォーレン ・Raphael ラファエロ没後500周年 ・Nightingale (ナイチンゲール生誕200年、国際看護師・助産師年 ・Russia(ロシア) エリザベス・ウォーレン上院議員。

20
全体の表紙はスロットになっており、止めるレバーの先は地球になっていますね。

『エコノミスト2020』表紙公開、ヤバい予言連発! 審判の時、火星、失明、五輪、グーグルなど21のキーワード発表!

「 外へ出る人が減って、人々はzoomで話すことが当たり前の世の中となり、 そのため免疫が下がり、ウイルスは流行する」 少し苦しいですが、このように考えることもできるのではないでしょうか。 日本はワクチン実験、米中戦争、中国風力マネー、コロナ数値です。

黙示録の預言が成就するかのような衝撃を世界に与える、悪質なシナリオが動いていると推測しています。

123456789012345678901234567890

過去のエコノミスト表紙に、日本が核攻撃を受けることをほのめかすイラストが掲載されたことがありました。 バイデンが大統領になるかならないか(現在2020年12月で決定はしていません)によって、 今後の流れが変わるのかもしれません。 これに非常に似ているのは2016年エコノミストの表紙です。

ウイルスは変異しているという情報もありますし、数種類のウイルスがあるという説もあります。 以上です。

【エコノミスト2021表紙についての考察】スロットマシーンの絵柄が暗示する未来

今は、これからは、如何にして自分の身を守る時である。 おまえに対するさばきは、一瞬にしてきた。

そして、表紙に大きく書かれている数字「2021」年…これも4つの数字。

【エコノミスト2021表紙についての考察】スロットマシーンの絵柄が暗示する未来

重複しているカードを含め合計9枚ですが、それを時系列で並べますと次のようになります。 世界の分断や分裂はつねに新世界秩序にとっての利益になるのである。

14
英語の「 shilling」の頭文字ではなく、ラテン語の「solidus」(ソリドゥス)の頭文字である。 これはなにを意味するのでしょうか。