初期研修募集要項

業務を覚えたり、疾患や検査などの学習は大変ですが、プリセプターや新人教育委員の方と一ヶ月ごとの目標をたて、振り返りを行うことで、目標を持って働いています。 私が行った日はとても混んでるわけではありませんでしたが結構待たされたように感じました。

こちらは地域に老人ホームとの提携病院のようで、待合室は、ご年配の方々が大半をしめていて、一人一人の診察時間もちょっと長めかなと思います。 また、診療する上でのポイントや注意点などを的確に指導していただけたり、専門科の先生からコンサルトする際にフィードバックを得ることができるため、学ぶ機会がとても多く日々感謝しています。

中頭病院の病院見学・採用試験の体験記

中頭病院を選んだ理由を教えてください 救急カンファレンスや教育回診、勉強会が充実している事はもちろん、入院、外来、救急で豊富なcommon diseaseの症例を経験でき、また何よりも見学の際に研修医の先生方が活き活きと業務に取り組んでいた事が好印象で「ここで学びたい」と強く思いました。 健康の保持増進・健康に向けて、対象のニーズに添った個別的看護の提供 これは、看護の基本的責任である健康増進、疾病の予防、健康の回復・苦痛の緩和に向けて患者さん中心を最優先とする看護を行い、命の尊厳・権利の尊重を心得、看護のインフォームドコンセントを実施し、患者さんとその家族のQOLを尊重した看護を実践し、地域の求めるニーズを病院職員全体が密に連携する事で、よりよい看護活動を推進することです。

胆嚢炎や交通外傷、心肺停止症例など、軽症から重症まで内科も外科も、幅広い症例を実際に経験できました。 実際に僕自身、沖縄とは縁もゆかりもなく、不安も多少ありましたが、そんなことは全く問題になりませんでした。

先輩からのメッセージ

専門職業人として自己研鑚する 自己の課題・目標を明確にし、研究的態度で看護のレベル向上に努め、よりよい看護実践を展開していくことです。 症状が落ち着いてからも、婦人科の方で赤ちゃんの状態を診てくれました。 腰痛が酷くて耐えきれなかったのでこちらの整形外科に受診しました。

1
これは、どのタイプが優れているというより、まさに「相性」の話です。

中頭病院の病院見学・採用試験の体験記

そのため、健康保険が適用される治療法が、医療制度でしっかり定められています。

16
おすすめの見学診療科は? 私が見学した診療科は救急科でした。 対象疾患は多岐に渡ります。

無料巡回バス

研修医の先生について、教えて頂きながら実践したりと、とても勉強になりました。 初めての過呼吸でパニック状態でしたが、病院に着いてからは落ち着くまで横になってと言われました。

11
学生時代、中頭病院に勤めている先輩から「中頭病院は職場の環境も良く働きやすいよ」と話を聞いていました。

研修医の声

今年から初期研修は外来診療が必修になりましたが、中頭病院は以前からこの研修を行なっています。 腫瘍切除後の再建は、乳房再建や頭頚部再建などがあります。 予めご了承願います。

12
そのため 指導体制もノウハウもばっちりで、どの病院よりも濃い外来研修ができるのではないかと思います! 救急では、1年間で一人当たりの(対応する)救急車台数は沖縄一だと思います。 利用者がいらっしゃらない場合は運行致しません。