世界一飲まれてるウイスキー ジョニーウォーカーレッドラベルを紹介!

選び抜かれた原酒を絶妙のバランスでブレンドするその技術は、誕生から200年近くを経た今も、世界中のウイスキー愛好家をたのしませ続けているのです。

7
上記の様にブレンダーズバッチは熟成樽に軸を置く風味の構成を目指した作品群とも言えた。 2017年からはチームにも、それまでのブランドを変更する形でスポンサーを務める。

世界中で愛される「ジョニーウォーカー」の魅力に迫る!|たのしいお酒.jp

ジョニーウォーカーラベルの中で唯一のヴァッテッドモルトであり、タリスカー、クラガンモア、リンクウッド、カリラといった15年以上熟成のシングルモルトがブレンドされている。 まるで果樹園にいるよう、と評されることもあるほどのフルーティーさが魅力ですが、余韻には赤ワインらしい渋みがあり、ビターな印象です。 レッド・ラベル グレーンウイスキーとモルトウイスキーのブレンデッドであり、1909年の販売当初は10年物とされたが、後に不詳となった。

18
強炭酸はグラスを傾けながら直接氷に当てないようにグラスに添わせて、ゆっくりと満タンになるまで注ぐ。

ラベル別に解説「ジョニーウォーカー」とは?レッド・ブラック・ブルーの違い

の映画『』 A Night to Remember で、スチュワート()は船が危険なのにもかかわらず、ジョニーウォーカー・赤ラベルのボトルを空けようと決心する。

7
爽やかでいながら、スコッチ特有のスモーキーさを感じられる1本だと思います。

ジョニー・ウォーカー

ジョニーウォーカーにおなじみの、スモーキーさが飛んでしまいますよ。 高級感漂うボトルにはシリアルナンバーが刻まれています。

たくさんの香りを含むのはジョニーウォーカーの特色のひとつ。 レッドラベルはアルコール感が強いため、ハイボールなどの爽やかさが感じられる飲み方がおすすめ。

ジョニーウォーカーの味や種類。美味しい飲み方もご紹介

創業者ジョン・ウォーカー 創業者 ジョン・ウォーカー( John Walker)は、1805年にのの町で生まれた。 その味はまさに「究極」と呼ぶにふさわしく、芳醇かつ力強い味わいと、まろやかな口当たりをあわせもち、かすかなスモーキーさが長く続く余韻を彩ります。

15
バニラ・リンゴ・洋梨のような甘味の中に、少しピリッとしたスパイシーさもあるため、ジョニーウォーカーシリーズの中では「個性的」と言われることが多いです。

ジョニーウォーカー・ブルーラベルの魅力!最高峰と呼ばれる理由とは?|たのしいお酒.jp

次にジョニーウォーカーを指3本分を目安に入れてウイスキーとグラスを冷やすためによく混ぜる。 ゴールド・ルート 2013年3月7日発売の第2弾。 ワインのようなウイスキーを目指すために、様々な種類のワイン樽で熟成した原酒を使っていることが最大の特徴。

ジョニーウォーカー ゴールドラベルリザーブ ジョニーウォーカーのゴールドラベルリザーブは、熟成年数にこだわらず、スムーズで華やかな味わいを追い求めたウイスキーです。

ブランドアンバサダーが教えてくれたスコッチウイスキー「ジョニーウォーカー」の通な愉しみ方|@DIME アットダイム

出典:MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社サイト ブルーラベルは、ウイスキー愛好家ならずとも、誰もが知っているスコッチウイスキーの世界的ベストセラー、「ジョニーウォーカー」の最高峰といわれる、まさに究極の逸品です。 なぜブレンデッドウイスキーが飲みやすいのかというと、ブレンダーと呼ばれる職人が「多くの人に飲みやすいと感じてもらえる」味わいや風味を求めて、ウイスキーの組み合わせを吟味するからです。

19
3色から始まったラベルも、様々なカラーのシリーズが生み出されています。

【ジョニーウォーカー まとめ】おすすめの種類や限定ウイスキーを解説 飲み方は?

出典: ジョニーウォーカーはスコッチウイスキーの代表的なブレンデッドです。

2012年からゴールドラベルの後継品として販売開始され、2017年から 18年物( Aged 18 Years)と改称された。