公益財団法人日本少年野球連盟 ボーイズリーグ|チーム紹介 (九州ブロック)

最新のトーナメントシートに変更しました。 遊撃を守った宮原は準決勝が初スタメン。 二塁打と2四球で全打席出塁。

7
永田、安田創と3、4番の連打で無死一、三塁。 吉原は「(7回までは)思い切り腕を振れていたけどタイブレークになって直球が単調になった」と打ち込まれた。

加盟球団のご紹介

下位に入っても打線の勢いは止まらず、1番の古賀主将まで怒とうの8連打。 ほかには初回に左翼線3点二塁打を放った井上らの活躍が光った。 ただ中尾監督が「一言で言うなら『奇想天外』」と表現するように、意外性を秘めている。

6
9月ふくやカップ準々決勝は5点差を追いつきながらもタイブレーク(1死満塁)で敗退。 その後押し出しの四球で再逆転した。

【ボーイズリーグ】小倉 準決勝粘りの勝利 2年連続九州大会へ/秋季北九州大会

選手権大会予選は1点差で未勝利。 それでも「一人ひとりが責任を果たしてくれた」と、単打やバント、四球で確実にチャンスを広げて得点を重ねていった。

10
森木登の左中間適時二塁打と押し出しの四球で1点差に迫り、なおも無死満塁。

【ボーイズリーグ】チーム紹介 福岡県

決勝の3回無死一、三塁、右越えに勝ち越しの適時二塁打を放つ西村 吉原「冷静に」4回自責1 反省を生かした。 主力選手をけがで欠きながらも11安打10得点を挙げて栄冠を手にした。

15
雨天予想を配慮し開会式は中止となりました。 結果が出せてホッとした」と振り返った。

【ボーイズリーグ】チーム紹介 福岡県

投手陣は前日の練習試合で登板した翔、壮汰のダブル吉田が投げられなかったが、決勝では2年生の安田創、塚本が力投。 村津監督は「いい経験が出来たと思う。

1
3-6の5回。 九州大会でも粘り強いプレーで勝利を目指す。

八幡南ボーイズ

トーナメント表• 準決勝の1回、左翼線に2点二塁打を放ち喜ぶ井上 2大会で優勝した3年生に比べれば、まだまだ成長途上のチーム。

3年生がしっかり援護した。

加盟球団のご紹介

「絶対に打とうと思った」。

14
八幡南は5回に打者9人の攻撃で6点を入れ逆転。