ハクビシンによる農作物被害の特徴と見分け方

彼らが巣材として引っ張ってくることで、 断熱材はボロボロに。 ・前足の足跡は、人間の子どもの手に似た形をしている• ハクビシンの詳しい生態については「」でご紹介しましたが、出産までのサイクルが短く繁殖力が強いので、どんどん数が増えて問題になっています。

1
もしそのままにしていたら、害獣の被害に遭ってしまうからです。 放置された柿の実が格好のエサとなり、イノシシ繁殖の原因となるケースが増加しています。

熊本県 アライグマによる被害増加!食痕や足跡による見分け方とは

神社仏閣の建物を傷つけることも問題になっています。 全長は約80から100センチメートル(尾は約30から40センチメートル)• 「ゴミを撤去しろと言われても、ウチは家族が多いからすぐ溜まっちゃうんだよね…。 全体的に茶色っぽい、足はほぼ全体が黒い• 動物の足跡から何の動物か正体を掴もう!【アライグマを含む13種類の足跡を紹介】 動物は直接発見することは難しいですが、動物の足跡の写真からなんの動物なのか特定することは可能です。

20
垂直に1m以上ジャンプ出来る• タヌキとイヌの足跡はほとんど同じだそう。

【獣の痕跡一覧】フンや足跡などを図や写真で分かりやすく解説

形状はタヌキとほとんど同じ。

17
全国どの地域にも対応しているので、「調べてみてもなかなか地元の駆除業者を見つけられない…」という方も安心です! ハクビシン駆除どっとこむ 【ここが違う!最大の強み】• 最も分かりやすいものは顔でしょう。

「追い出し」て「寄せ付けない」!素人でもできるハクビシン対策 | クジョカツ

ハクビシンが原因で不眠症に…?意外に多い騒音被害 害獣の被害は、糞尿、臭いなどたくさんありますが、ハクビシンは「音」の被害が大きいのが特徴です。

17
しかし、業者に依頼すれば狩猟免許ももっている人もいますし、確実に駆除することができます。

熊本県 アライグマによる被害増加!食痕や足跡による見分け方とは

アライグマ 【全長】約60cm 【特徴】• 東京都23区内では野良犬を見ることはほとんどない。 業者をお探しの際は当サイトをご利用いただけますと、スムーズに見つけることができるはずです。 本コラムでは、家の敷地内や屋根裏に現れたイタチっぽい生き物の正体を見分ける方法と、住み着かれてしまったときの対策方法をご紹介していきます。

13
しかし、住みついてしまっているのがハクビシンなのか違う動物なのか判断できないということもあるでしょう。

【獣の痕跡一覧】フンや足跡などを図や写真で分かりやすく解説

電気柵は害獣が柵の一部に触れると、電気ショックを与えるしくみになっているので、浸入を防ぐというよりかは近寄りにくくするための柵といえます。 フンを調べる際も、空気中に漂う菌や糞の粉末を吸い込まないようマスクを着用し、素手で触れないよう気をつけてください。 害獣との根気比べに負けないよう、ひとつひとつ入る要因となる隙間を塞いでいきましょう。

11
ちなみにハクビシンはエサのある場所の近くにねぐらを持つことが多いです。 これらは、ハクビシンが嫌うニオイを使って作られた薬剤です。

熊本県 アライグマによる被害増加!食痕や足跡による見分け方とは

天然由来成分なので、土壌に影響がありません。 ツメの跡はない。

雨どいから登れないようにする 自宅に庭木がある場合は剪定する必要があります。

足跡 ハクビシン

くれぐれも足跡の特定ができたからと言ってご自身での駆除はせず、専門の業者へ駆除依頼を行ってください。

1
弊社では、害獣駆除のご相談をいただいたあと、弊社加盟店のなかからご希望に沿ったお近くの害獣駆除業者をご紹介いたします。

足跡 ハクビシン

ハクビシン対策について• お家が糞尿、病原菌、ダニの餌食になります 知り合いの別荘にも住み着かれて大変だったみたい。

7
電気柵などを使用しないとハクビシンの侵入予防にはあまり意味がないでしょう。